今日のひとこと

記事一覧

6~10件目 (195件中)

  • 1/1 新年

    投稿日 :
    2020-01-01 00:00:00
    カテゴリ :
    today's diary
    WRITER :
    chi.

    2020年!   新しい一年が始まりました!   さて、今年はどんな一年にしようかな?   オリンピック・パラリンピックYEARにちなんで、自分も体力づくり。 それもありですね。   いろんな法改正や社会制度の見直しに合わせて、社会貢献や奉仕活動。 もちろんやっていきたい。   自分で立ち上げているプロジェクトの再構築も実現

    記事を開く

    2020年!

     

    新しい一年が始まりました!

     

    さて、今年はどんな一年にしようかな?

     

    オリンピック・パラリンピックYEARにちなんで、自分も体力づくり。

    それもありですね。

     

    いろんな法改正や社会制度の見直しに合わせて、社会貢献や奉仕活動。

    もちろんやっていきたい。

     

    自分で立ち上げているプロジェクトの再構築も実現する。

     

    プライベートでは、アーティスティックな活動も本気でやりたい。

     

    そして、これは毎年思うことですが、多くの人々と出会い、繋がりたい。

     

     

    新年がスタートしたばかりの今は、あれもこれもと欲張って、いろんなことに挑戦したいと意気込んでいます 笑

    この気持ちを、年間通してキープしていけるといいな。

     

    でも、何はともあれ、一番大切なのは…

    “体も心も健康であること”

    それなくしては、何も成し遂げられません。

     

    無理せず、騙さず、酷使せず。

    自分自身としっかり対話しながら生活していきたいと思います。

     

    みなさんも、お体を大切に、この一年をお過ごしください。

    幸多き一年であるよう、祈っています。

     

    記事を閉じる

  • 自己開示について

    投稿日 :
    2019-12-11 00:00:00
    カテゴリ :
    つぶやき
    WRITER :
    chi.

    医師、カウンセラー、支援スタッフ… 患者さまやクライエントを相手とする専門職には、禁止事項がたくさんあります。   そのうちのひとつが “自己開示” の問題です。 クライエントから、よくある質問。 「先生は、いくつですか?」 「お子さんはいらっしゃるんですか?」 「どちらにお住まいですか?」 「LINEで連絡してもいいですか?」 など

    記事を開く

    医師、カウンセラー、支援スタッフ…

    患者さまやクライエントを相手とする専門職には、禁止事項がたくさんあります。

     

    そのうちのひとつが “自己開示” の問題です。

    クライエントから、よくある質問。

    「先生は、いくつですか?」

    「お子さんはいらっしゃるんですか?」

    「どちらにお住まいですか?」

    「LINEで連絡してもいいですか?」 などなど。

     

    結論からいうと、どの質問にもお答えできません。

    連絡先も、開示しません。

    診断や治療、カウンセリングなどに無関係なことには答えてはいけないというルールがあるのです。

    なので、プライベートな質問に答えたり、私的な意見を述べたりすることは原則としてありません。

     

    カウンセラーとクライエントとの距離感、とても重要です。

    カウンセリングの回数を経てくると、たしかに気心が知れてきて距離が近くなりがちです。

    でも、お友達の関係ではないのです。

    そこを混同してしまうと、トラブルの原因にもなりかねません。

    クールだなぁと思われるかもしれませんが、そこは専門職の決まり事であることをご理解いただければと思います。

     

    つい先日も、年齢を聞かれました。

    「プライベートなことにはお答えできないことになっているので…。」と、お断りしました。

    相手の方は、ちょっと曇った表情になりました。

     

    申し訳ありません。

    けっして悪気はないのです。

    どうか、ご理解ください。

     

    記事を閉じる

  • 年末年始のお休みについて

    投稿日 :
    2019-12-10 00:00:00
    カテゴリ :
    *** おしらせ ***
    WRITER :
    staff

    いつも、当カウンセリングルームをご利用いただきまして、ありがとうこざいます。   年末年始のお休みについて、ご連絡させていただきます。   【2019年12月27日(金)〜2020年1月7日(火)】   上記の期間は、カウンセリングをお休みさせていただきます。 なお、ホームページのお問い合わせフォームからのお申し込みやお問い合わせは、この期間でも受け付け

    記事を開く

    いつも、当カウンセリングルームをご利用いただきまして、ありがとうこざいます。

     

    年末年始のお休みについて、ご連絡させていただきます。

     

    【2019年12月27日(金)〜2020年1月7日(火)】

     

    上記の期間は、カウンセリングをお休みさせていただきます。

    なお、ホームページのお問い合わせフォームからのお申し込みやお問い合わせは、この期間でも受け付けておりますので、ご利用ください。

     

    どうぞよろしくお願いいたします。

     

    カウンセリングルーム 彩 -iro-

     

    記事を閉じる

  • 12/3 新旧交代

    投稿日 :
    2019-12-03 00:00:00
    カテゴリ :
    today's diary
    WRITER :
    chi.

    どんなものにも、永久ということはありません。 それは、人でも物でも同じ。   いつかは、壊れたり、限界がきて力尽きたりするものです。   これまで10年以上もの間、ともに過ごしてきた “相棒” と、とうとうお別れすることになりました。 たくさんの思い出が詰まった、それはそれは愛着のある私の大切な存在でした。 数えきれないほどの思い出が、溢れ

    記事を開く

    どんなものにも、永久ということはありません。

    それは、人でも物でも同じ。

     

    いつかは、壊れたり、限界がきて力尽きたりするものです。

     

    これまで10年以上もの間、ともに過ごしてきた “相棒” と、とうとうお別れすることになりました。

    たくさんの思い出が詰まった、それはそれは愛着のある私の大切な存在でした。

    数えきれないほどの思い出が、溢れるようによみがえります。

     

    今まで、何回も何回も力になってくれてありがとう。

    たくさん助けてくれて、ありがとう。

    感謝の気持ちしかありません。

     

    私の大切な相棒にお別れをして……

    新しい仲間が、やってきました。

     

    またこれから永くつき合っていくことになると思います。

     

    どうぞ、よろしくね。

     

    記事を閉じる

  • 11/1 児童虐待防止推進月間

    投稿日 :
    2019-11-01 00:00:00
    カテゴリ :
    today's diary
    WRITER :
    chi.

    11月は 『児童虐待防止推進月間』 です。 家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題への理解と関心を得るべく、児童虐待防止に向けてのさまざまな取り組み・活動をしていくと、厚生労働省が定めています。   『オレンジリボン運動』 『児童虐待防止全国ネットワーク』 私も、サポーターとして参加しています。   日本では、連日、虐待によって幼い子どもたちの命が奪わ

    記事を開く

    11月は 『児童虐待防止推進月間』 です。

    家庭や学校、地域など社会全般にわたり、児童虐待問題への理解と関心を得るべく、児童虐待防止に向けてのさまざまな取り組み・活動をしていくと、厚生労働省が定めています。

     

    『オレンジリボン運動』

    『児童虐待防止全国ネットワーク』

    私も、サポーターとして参加しています。

     

    日本では、連日、虐待によって幼い子どもたちの命が奪われるニュースが後を絶ちません。

    街中でも、大人が子どもに手をあげている場面や、乱暴な言葉をぶつけている場面を見かけます。

    無力な子どもたちは、ひたすらそれらを受けるしかない。

     

    家庭内や保育施設、学校など、大半は、見えない環境下で虐待は行われています。

     

    我われ大人が、少しでも 「あれ?」 と感じることがあれば、そのまま放置せずに、きちんと対応する(通報する)ことで、救える命もあります。

    子どもへの虐待は、それが不確かで疑わしい場合であっても、通報は義務です。

     

    これ以上、罪のない幼い子どもたちの命が犠牲にならないよう、一人ひとりが 「児童虐待」 について関心をもち、理解を深めていただきたいと切に願います。

     

    記事を閉じる

6~10件目 (195件中)

カレンダー

<
>

カテゴリ

    WRITER

      過去ログ

        • 今日の一言
        • カウンセラーのプロフィール
        • 彩 -iro-って?
        • office 彩-iro-